旭興産株式会社
JapaneseEnglish
ごあいさつ会社概要沿革品質方針採用情報サイトマップリンクお問い合せ
岩国工場光工場岐阜工場
FPD・半導体製造装置 自動化システム 産業機械 プラント建設・メンテナンス 太陽光発電システム・エコシステム


多品種変量生産の自動化システム

   インダストリー4.0、第4次産業革命が進行しています。既にインターネットで注文した多種類のカスタマイズ製品を1個毎に自動で組み立て、すぐに発送するなどの取り組みが行われています。このようなものづくりに対しては、従来のロット生産では対応できないため、変種変量生産の自動化が必要となります。特に1個毎に異なった製品を作るためには、1個流し混流生産が必要になります。この場合段取り替えを自動で行うと共に、段取り替えの時間を許容時間以下に短縮することが課題となります。その場合下記の検討が重要になります。

@ワークの形状、材質、可変可能範囲の設定
A専用部品の供給方法
Bハンドの変更方法
C治具の変更方法
D加工条件の変更
E検査方法の検討

   近年では、各種センサーの進歩や、複数台のロボットの協調動作が可能になったことで、部品や治具の変更や加工条件の変更に対しても容易に対応できるようになってきています。

   当社は、このような多品種変量生産の自動化には早くから取り組んできました。1990年代初頭には、多品種の製品を、1個毎に違った製品を自動で組み立てることができる、1個流し混流生産自動組み立てシステムを「パレット式混流生産システム」として提供してきました。更に、2010年には、オーダーメイド品の自動生産システムとして、材料の所定範囲内の任意寸法切断、溶接、組立を行う、「オーダーメイド溶接組立システム」を提供するなど、先進的な取り組みを続けています。従来のロット生産から、多品種の変量生産への切り替えをご検討されている場合はぜひご相談ください。

1 パレット式混流生産組立システム

   多品種を一つの組み立てラインで自動組み立てする場合に、専用部品を一つのトレイ上に複数部品を載せてラインに供給します。トレイにはバーコードなどを添付します。各組立ステーションでは、トレイのバーコードを読み取り、ステーションごとに共通部品と、トレイ上の専用部品を用いて、自動加工組立を行います。複数種類の部品を載せたトレイのことをパレットと呼んでいます。


パレット式混流生産組立システム

2 多品種の加工機械への投入システム(化粧合板の縁貼り装置への投入のロボット化)

   従来の部品単位のロット生産から、製品1個単位の生産に移行する場合、1個の最終製品を構成する様々な形状の部品を連続して加工機械へ投入する必要があります。本システムは、化粧合板の縁貼り装置への投入において、サイズが大きく異なる各種の部品のコードを読み取り、ハンドに設けた多数の吸着パッドのうち、サイズに対応する部分のみ吸着します。そして、部品コードに基づき、部品ごとに方向及び位置を補正して、4辺の縁貼りを行います。

3 双腕ロボットによる力覚センサーを用いた職人技の自動化(手捺染自動化システム)

   デジタル式の捺染システムとしては、インクジェット式捺染システムがありますが、本システムは高級品のスカーフなどの生産に用いられている手捺染の自動化例です。色ごとの版の変更、染料の変更、捺染作業など、力覚センサー、視覚センサーなどを用いて、職人技のロボット化を実現したものです。


双腕ロボットによる力覚センサーを用いた職人技の自動化

4 オーダーメイド溶接組立システム

   注文住宅の場合、窓やドアの位置により、壁部材の寸法は1軒ごとに異なります。寸法の異なる壁部材を、1軒ごとに、自動的に加工・組立・溶接するシステムです。上位のシステムからの指示に基づき、材料を指示された寸法で自動的に切断します。この寸法に基づきロボットのハンドの位置を変更しハンドリングします。溶接治具の位置も自動的に変更し、材料を取り付けます。溶接部分の位置測定を行い、自動で溶接を行います。これにより幅広い寸法範囲のオーダーに合わせて、1個毎に溶接組立することを可能にしました。


オーダーメイド溶接組立システム



Copyright (C) ASAHIKOHSAN CO.,LTD. All Rights Reserved.